ル・ポン国際音楽祭2023 赤穂・姫路

Language

アレーナ・バーエワ

ヴァイオリン

 5歳でヴァイオリンを始め、教育者として有名なオルガ・ダニロヴァに師事する。
 10歳でモスクワに移り、モスクワ音楽院付属中央音楽学校と国立チャイコフスキー音楽院でエドゥアルド・グラチに師事する。
 また ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ボリス・ガルリツキー、スイスで小澤征爾に師事、イスラエルではシュロモ・ミンツ(ケシェット・エイロン音楽学校)に師事した。
 第12回ヘンリク・ヴィエニャフスキ国際コンクール(2001年)で、若干16歳にして優勝および現代作品最優秀演奏賞を受賞。その後、パガニーニ・モスクワ国際ヴァイオリン・コンクール(2004)でも優勝し、1723年製のWieniawski Stradivariで1年間演奏することが許された。
 仙台国際音楽コンクール(2007年)では、優勝および聴衆賞を受賞した。
 2010年以来、夫と3人の子供とともにルクセンブルクに在住している。使用楽器は1738年製グァルネリ・デル・ジェス"ex-William Kroll"(匿名の支援者からの貸与でJ&A Beares社協力)。

お問い合わせ

お問い合わせ、またはご質問等ございましたら、
お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。

赤穂国際音楽祭実行委員会TEL0791-43-6867

姫路国際音楽祭実行委員会TEL079-221-2098