Artist

アーティスト

TOP

/

出演アーティスト

/

ラドヴァン・ヴラトコヴィチ

ラドヴァン・ヴラトコヴィチ

ラドヴァン・ヴラトコヴィチ

ホルン

ソリストとして世界中の著名なオーケストラや室内合奏団と共演し、世界各国のフェスティバルに出演している。
1962年ザグレブに生まれ、ザグレブ音楽アカデミーのプレラド・デティチェク教授、デトモルト音楽アカデミーのミヒャエル・ヘルツェル教授に師事。1979年のアンコーナ及び1983年のミュンヘンARDコンクールで一位を受賞するなど、国内外のコンクールで数多くの一位受賞歴がある。
1982年から1990年までベルリン放送交響楽団で首席を務め、1992-1998シュツットガルト音大のホルン科教授、1998年にはザルツブルグ・モーツアルテウムのホルン科教授を歴任。2000年以来、マドリードのクイーン・ソフィア・スクールでホルン科教授 “Canon“の要職にある。
彼のために書かれた曲の初演も多くてがけ、複数のディスクでドイツ批評家賞を受賞している。室内楽を含む録音はEMI、デッカ、フィリップス、ドイツ・グラモフォン、テルデック、ダブリングハウス&グリン、デンオンの各レーベルから出ている。
2014年にはロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックより名誉会員に指名された。
使用楽器は PaxmanのダブルホルンM20モデル、BRIZのダブルホルン2000TP