クラリネット

アンドレアス・オッテンザマー(Andreas Ottensamer)

アンドレアス・オッテンザマー(Andreas Ottensamer) 1989年オーストリア生まれ。

4歳でピアノのレッスンを始め、10歳よりウィーン国立音楽大学でチェロを学ぶ。2003年にクラリネットに転向し、ヨハン・ヒンドラーに師事する。クラリネット、チェロ、ピアノ各部門でのコンクール優勝経験があり、ソリスト、室内楽奏者として、ウィーン楽友協会やウィーンコンツェルトハウスなどで演奏。
 
2005年には、ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で首席クラリネット奏者を務める父・エルンスト、兄・ダニエルとともに「クラリノッティ」を結成し、多くの楽曲が提供されている。

ハーバード大学在学中の2009年、ベルリン・フィル・オーケストラアカデミーに入学。現在、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を務める。

2013年2月、ドイツ・グラモフォン/マーキュリー・クラシックスとソロクラリネット奏者として史上初の専属契約を結び、同年、ファースト・アルバムをリリース。

2015年シーズンには、ドルトムント・コンツェルトハウスの“Junge Wilde”アーティストとなるほか、ロンドン、ウィーン、ベルリン、ミュンヘン、台北、ソウルなどでリサイタルを行っている。
一覧に戻る