コントラバス

ナビル・シェハタ (Nabil Shehata)

ナビル・シェハタ (Nabil Shehata) 1980 年クウェート生まれ。
4歳よりドイツに在住。9歳でコントラバスを学ぶ。

2003年、難関ミュンヘン国際音楽コンクールにてコントラバス奏者として初の優勝を飾り、さらに聴衆賞も受賞。同年、ダニエル・バレンボイムの招きでベルリン国立歌劇場管弦楽団の首席コントラバス奏者に就任。翌年にはベルリン・フィルの同ポストに就任。

長年にわたり、イスラエルとアラブ諸国の共存を理念とするウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団のメンバーも務めている。

ヨーロッパ、イスラエル、日本でのマスタークラスのほか、ベルリン・フィル・アカデミーでの指導を行い、2007年からはミュンヘン音楽大学の教授に就任。

また、ダニエル・バレンボイムやクリスティアン・ティーレマンの指導のもと指揮を学び、2007年に指揮者デビューを果たし好評を得た。2008年には、グスタボ・デュダメルに招かれ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラを指揮し大成功を収めている。

近年ではトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、京響、デュッセルドルフ響なども指揮している。
一覧に戻る