チェロ

クラウディオ・ボルケス (Claudio Bohorquez)

クラウディオ・ボルケス (Claudio Bohorquez) 若年の頃から若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクールやロストロポーヴィチ・チェロ・コンクールなどで入賞を重ね、1995年ジュネーヴ国際音楽コンクール優勝。

2000年、第1回パブロ・カザルス国際コンクールで第1位および最も優れた室内楽演奏に贈られる特別賞を受賞し、カザルスが愛用した「ゴフリラー」を2年間貸与される。

これまで、数々の名門オーケストラと共演するほか、プエルト・リコ・カザルス音楽祭、シティ・オブ・ロンドン音楽祭、ワルシャワ・ペンデレツキ音楽祭、タングルウッド音楽祭など世界各地の音楽祭に招待され、指揮者・音楽家・聴衆・批評家たちから高い評価を得ている。

最近では、数々のCD録音やテレビ・ラジオへの出演に加え、映画での音楽演奏や他ジャンルの芸術家との共演など、多岐にわたって才能を発揮し、幅広い活動でも知られている。

また、ソリストとして活動をする傍ら、2003年よりベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の客員教授、2011年よりシュトゥットガルト音楽大学の教授を務め、後進の指導にもあたっている。

使用楽器は、バーデン=ヴュルテンベルク州立銀行から贈られたG.B.ロゲーリ。
一覧に戻る