ル・ポン国際音楽祭2018 赤穂・姫路 Le Pont International Music Festival  Ako & Himeji 2018

アーティスト紹介

チェロ

アレクサンダー・チャウシャン

アレクサンダー・チャウシャン
1977年アルメニア生まれ。

7歳の時に祖父からチェロを教わる。

ユーディ・メニューイン音楽学校でメリッサ・フェルプスに、ギルドホール音楽演劇学校でオレグ・コーガンに、ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンではボリス・ペルガメンシコフやダヴィド・ゲリンガスなどに師事。

プレミオモーツァルト国際コンクール(ヴェローナ)、ピエール・フルニエ賞、チャイコフスキー国際コンクール、ミュンヘン国際音楽コンクールなど受賞歴多数。

ソリストとしては、ウィーン室内管弦楽団、アカデミー室内管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ロイヤル・フィル、スイス・ロマンド管弦楽団、ボストン・ポップス、アルメニア・フィルなどと共演している。

日本では、サントリーホールでのコンサートにおいてデビューし、大成功をおさめた。

また、ドミトリ・シトコヴェツキー、ダヴィド・ゲリンガス、ユーリ・バシュメット、ギドン・クレーメルなどと共演している。

オルフェウス・アンド・バッカス音楽祭(ボルドー)、ファロス基金フェスティバル(キプロス)、エレバン国際音楽祭(アルメニア)の芸術監督を務める。英国王立音楽大学教授。